いいずみファミリークリニック

クリニックからのお知らせ

 

クリニックからのお知らせ一覧  脳震盪について最新見解

 

脳震盪について正しく知る。ワールドカップラグビーを楽しみながら、子どもとスポーツについて考えましょう。

 9月12日に「スポーツでの脳損傷」講師谷諭先生(慈恵大脳外科教授)を聴講してきました。会場から歩いて帰るときの、私の頭の中がこのタイトルです。ワールドカップラグビー多くの国々の人々が日本とラグビーを楽しんで帰ってほしいですね。屈強な男たちが、激しくぶつかり合うスポーツはルールに詳しくなくとも見応えあります。ただ、体と体、頭と頭が激しくぶつかる大人のスポーツです。

 これまでは、スポーツによる頭部外傷を診察して、身体所見や画像所見に問題がなければ、「軽い脳震盪でよかったね。」と説明したことあります。脳外科の世界でも、実際20年前まではそうだったそうです。ただ、最近、脳震盪に対する見解が変わりました。これまでは脳震盪は急性期の意識消失症状と思われがちでした。しかしながらスポーツによる脳震盪を繰り返すことによって、慢性期の症状も出現することがわかってきました。脳震盪後症候群、慢性外傷性脳症といわれ、頭痛やめまい、耳鳴り、記憶障害、感情障害、うつ病がでる病気です。パンチドランカーといったほうがわかりやすいかもしれません。例えば、漫画「明日のジョー」の矢吹選手、モハメドアリ選手です。偶然ボクシング選手がでましたが、パンチドランカーは、どんなコンタクトスポーツでも起こりうるのです。もちろんラグビーも。興味のある方はウィルスミス主演の「コンカッション(脳震盪)」という映画を見てください。アメリカンフットボールの世界での実際にあった出来事を題材にしていて見応えあります。脳震盪=急性疾患という見解が変わると思います。

 子どもたちの運動不足を心配しています。(同時に私たち親世代の運動不足も)ただ、激しいコンタクトスポーツはやはり危険です。十分なトレーニングをもとに行っていると、ワールドカップを観て改めて思います。有名なサッカー教室でも、まずはボールタッチよりも、「鬼ごっこ」をさせるそうです。脳震盪について正しく知る必要が子どもを見守るすべての人に必要だと感じました。谷先生は「スポーツ脳震盪」という本を書いています。スポーツ指導者にはぜひご一読をお勧めします。

 

 
 

 
医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 ○ ○ X (○) ○ ○ ○
午後 14:30~18:30 ○ ○ X ○ ○ X
 
○・・・水曜日は休診日です。例外として祝日のある週のみ午前診療致します。

○・・・アーリーcheck inタイムを導入してます。
 [午前]8時25分~55分-火・金・土
 [午後]14時25分~55分-月・火・木・金 

 対象:乳児健診やワクチン・アレルギーや慢性疾患の患者様
 ※アーリー check in終了後に一般診療となります。
 ※感染のない患者様限定となります。

Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.